電話調査法

調査員が電話を通じて対象者に質問をし、回答を求める調査手法。

面接調査郵送調査にくらべて、発送回収の手間が省ける。また、短期間、低コストで実施できる。
しかし、質問量が多くなったり、こみ入った質問内容は途中で電話を切られたり、質問内容が通じないこともあるため、設問数は3~5問程度がよい。

定量調査として有効な方法。

【同義語】
・電話質問法