留置法

調査員が調査票をもって対象者を面接して調査の目的を説明し、調査票への記入を依頼する。

その場ですぐに調査票を回収するのではなく、後日来訪問して記入済みの調査票を回収するという手法。回答に時間が必要な場合や、人前で回答しにくい場合などに有効である。
しかし、実査期間がかかり、人件費などのコストもかかる。